IR(総合型リゾート)研究会

アップデートニュース&トピック

2016-02-16 1月の訪日外国人、52.0%増の185万1800人で過去最高

先月、日本を訪れた外国人旅行者は円安基調が続いていたことなどから、1年前の1.5倍に増えて185万人となり、1月としてはこれまでで最も多くなった。
日本政府観光局が16日発表した1月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比52.0%増の185万1800人だった。1月としての過去最高を更新し、単月では昨年7月(約191万8000人)に次ぎ過去2番目の高水準だった。円安基調が続き日本での買い物に割安感が出ているほか、航空路線の拡大や燃油サーチャージの値下がり、ビザ(査証)の発給要件の緩和などが寄与した。
国・地域別では韓国が最も多かった。43.8%増の51万4900人となり、単月で韓国からの旅行者数としては初めて50万人を超えた。2番目に多かったのは中国で、2.1倍の47万5000人。1月では最高となり、15年12月(82.7%増)から伸び率が拡大した。このほか、台湾(47.9%増の32万1000人)や香港(42.5%増の12万5000人)が続いた。オーストラリアからの訪日客数も単月の最高を記録。米国やタイ、マレーシアなど主要市場から日本への旅行者数は、ロシアを除き軒並み1月の最高を更新した。
日本政府観光局は「ことしに入っても、われわれが想像した以上に外国人旅行者が日本を訪れている。中国経済の減速が指摘されているが、現地の旅行会社などに聞く限り、旧正月の春節を迎える今月も極めて好調と聞いていて、減る気配は今のところ感じない」と話し、2月も、アジア地域で春節(旧正月)があったことから「2015年からの傾向を踏まえれば、訪日旅行者数の増加が期待される」とした。

Page Top